ビジネスタイム┃貸事務所有効活用テクニック~

男性

負担が比較的少ない

貸店舗を扱う人たちについて

仕事

お店を開くときは屋台を除けばほぼ店舗が必要になります。最近は自分で購入するよりも負担の少ない貸店舗が主流になっています。 その貸店舗を探すには2つの方法があります。一つが貸主を探すことです。貸主を探す時のメリットは不動産会社を仲介せずに探すため、その分仲介手数料を支払わずに済むといことです。仲介手数料は通常家賃の一か月分といわれていますので、初期費用を少な目にしたい人にとってはバカにできません。ただし、貸主を探すのは容易ではありません。探すまでに時間と労力を要します。 時間と労力をかけたくないのであれば素直に不動産会社にお願いをして貸店舗を探してもらうという方法もあります。仲介手数料はかかりますが、手続等は不動産会社に任せておけばいいのでラクに貸店舗を契約できます。

居抜きというサービスについて

最近注目されてる貸店舗のパターンはどのようなパターンでしょうか。 時代に合わせて不動産業界に吹く風も変わっているためできるだけ事前にリサーチをしておきましょう。 最近の貸店舗はできるだけ設備にお金をかけないようにする方法が流行っています。これは、単にお金が無くなるのが惜しいということもありますが、エコロジーな観点をから考えると設備は多少古くても使えるものは使おうということになるのです。 これを上手に利用する方法は、居抜きという方法を使います。例えば自分が飲食店を自営で営みたい場合、設備投資として冷蔵庫や冷凍庫、キッチンなどを用意しなければなりませんが、かつて同じ飲食業を営んでいた店舗を探し、そこに当時のままの設備が残って入れそれを修理してそのまま使うことで、設備投資が3分の1程度に抑えれます。